読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セット連

その1 土曜日

5キロTT×2

いつもと違うことがやりたい。と唐突に思った。

ペース感覚が全くないので、時計を見ずにTTやったらどうなるか、試して見た。ひょっとしたらとんでもないことが起きるんじゃないかとも思った。

隠れた才能的な何かが出るかと思った。

もしくは、ダメダメのやめた方がいいレベルのなにかが出るんじゃないかと・・・

 

結果

1本目412-434-437-441-441=22:45avg433

2本目427-435-438-442-434=22:56avg435

 

セカンドベストだった。

 

特に隠れているものはない模様。当然。

走り始めは、ペース早すぎが体感でもさすがにわかった。だけどペースを意識してコントロールはしなかった。

5キロを走れる全力で走った。

少しづつペースダウンしている。持久力不足。

 

2本目のラスト1キロだけは、気合いを入れて走ったのでいいタイムと思ったけど大したことなかった。なんとなく10秒くらい上がったと思ったのに、そこまでではなかった。

やっぱり時計を見ないと違和感あり。

だらだらとだれている。

また430くらいのペースになると、フォームが崩れてくる。足の前面の筋肉が張っているのはよろしくない。前傾姿勢を維持したい。

 

その2 日曜日

チームTRKで街ラン。ゆるジョグ。

 

芝の増上寺をスタート

 

第一チェックポイント 愛宕神社

出世の石段を登ってお参り。

七五三や結婚式もやっていた。

晴れの舞台を見るのはいいものです。

その横で、池の鯉に餌をやる。

鯉がデカイ口開けて餌の取り合い。見ていて和む。

 

昼は、富士そばでうどんを軽くたべる。

 

第二チェックポイント 皇居。

リレーマラソン他、2、3組がマラソン大会?記録会?をやっていた。

 それ以外にも天気がいいから速い人遅い人、たくさんのランナーが走っていた。

Kが限界を訴えたので歩き。

  

第三チェックポイント 神楽坂

食べ歩きゾーン。

ペコちゃん焼き、種類が意外とたくさんあったので迷った末にピロシキ入りを選んだ。

なかなかいい感じ。

たい焼き(紫芋餡)など食べる。うまい。

 

Kがいよいよ限界のようなので、ここで解散。KRは電車で帰宅。

せっかく神楽坂まできたので、水道橋や神保町のランニングショップを一人でまわる。

ゆるジョグで約半日楽しく走り(歩き)ました。

 

増上寺から神楽坂まで6キロくらいで着いたのは、軽く驚いた。結構近い。

街中を走るようになって、世界が狭くなった。

電車移動の時には分からなかったが、それぞれの駅や土地の位置関係がはっきりわかり、かつ近いことが判明。

ランニングのいい面です。

 

悪い面は、

非ランナーにこの話をすると、変人あつかいされる。

 

ところでこの練習がセット連になっているか不明。多分なってない。

食べて休んで歩いて4時間かけて11.5キロ。