読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

怒涛の三連休

土曜日

寝坊したーっ、と思ったら、

朝食食べた後で相方が走りに行くと言うので、

お供で緩ジョグ12.5キロを並走。

そこから、それぞれのペースで走るため

別れてラスト6キロをビルドアップ。

2時間弱18.5キロしか走ってないけど、

良い感じにビルドアップ出来た。

 

※※※

 

結果もわかっていて、

寝落ちしながらも一回見たけど

録画した名古屋ウィメンズマラソン

改めて見る。

やっぱトップ選手の走りは綺麗だ。

いつかこんな走りができたらと思う。

 

黒人選手と日本人選手のフォームの違いで

気になったことがある。

腕(正確には拳)の位置。

日本人は大体、拳を下げて走っている。

肘は直角くらいというイメージ。

日本人トップの安藤選手は、かなり下で振っている。

いろんな指導書やネットなどでも

手を下にとは言わなくても、肘を曲げて抱え込んで走ることはNGになっている。と思う。

でも優勝したキルワ選手をはじめ黒人選手は、腕を抱え込むようにして走っている。

しかも速い。

これはどう言うことなんだろうか?

日本人のフォームは、独特の走りかたでガラパコスなんだろうか?

 

腕振りは、ここの所いろんな人から

振れてない、もっと振った方が良いと

言われ続けている自分自身の課題なので

ちょっと、調べても面白いかもしれない。

 

 

日曜日

木場公園の定例練習会。

10キロ走の予定だけど、もっと長い距離を走りたかったので早練7キロとおかわり4キロで

合計21キロまで距離を伸ばす。

1人で走る時と集団で走る時は当然ペースが違うので、全体を通してみると、

ファルトレクみたいな練習となった。

 

その後で板橋シティマラソンの応援。

ハーフ地点に駆けつける。

オオカミのコスプレの帽子と手袋で応援。

笑顔で答えてくれるランナーが多く

ハイタッチもいっぱいもらえて、

さらに元気ももらえた\(^o^)/

でもオオカミっぽくないようで、これクマって何人にも言われた。^_^;

きっと手袋だけ見て、帽子見てないんだろうな。

手袋だけだとクマに見えなくもない。

じっと手を見る(つД`)ノ

でも帽子見たら犬っていうと思う。

どっちにしてもオオカミではない(-_-)

・・・でもこれはオオカミなんです。

ランナー相手だとあっという間に通り過ぎてしまい、言う余裕なんか無いのでここで主張。

意味無し。

 

月曜日・春分の日

ペース走21キロ

キャサリンこと葛西臨海公園まで行ってきた。

3日連続だけに流石に足全体が重い。

ゆっくりと一歩一歩足を前に進める。

意外といけて概ねサブ4ペースで走れた。

 

驚いたのが、

エプソンで測っている心拍がゾーン3の

心拍126-142の有酸素運動の時間帯が

9割を超えていた。

これまでの感覚だと、半分以上ゾーン4の

143-160に入っておかしくないところ。

色々とトレーニング取り入れてレベルアップしていると思いたい。

単に足が重いから、かえって力が抜けた走りになっていただけかもしれない。

 

午後から撮り貯めていたランスマを見てモチベーションを上げる。

 

一度見たフルマラソンを改めて見て、

走りに行って、またマラソン番組見てって

健康なんだか不健康なんだかよーわからん。

3日で60キロ、ランニングづくしの三連休。

^_^;